自分の前後の車にも注意を払う

| 未分類 |

自動車を運転しているときには、自分の自動車のみに気をつけていれば良いというわけではありません。

 

自分の前後の車にも注意を払って運転しなければならないのです。何故ならば、追突事故や玉突き事故の恐れがあるからです。車間距離をとることは当然のこととして、自分の前の車がどのような動きをしようとしているのかに気をつけておかなければ、急停止するかもしれません。

 

そうなると、追突事故につながってしまいます。しかもこの場合、前後の自動車の動きを気にしておかなければ、前の自動車が急停止したから自分も急停止すると、今度は後ろの自動車に追突される恐れがあるのです。

 

そのため、後ろの自動車が車間距離を開けていないと思ったのならば、自分はなおさら前の自動車との車間距離を開けておかないと、玉突き事故になってしまいます。

 

また、前の自動車が急に進路を変えたりした場合には、何か道路上に障害物があって、それを避けるための動きかもしれませんので、気をつけてその動きを見ておかなければ、自分の自動車が障害物に衝突してしまう恐れがあるのです。

 

自動車を運転すると言うことは、前後の車を含めて流れに乗ると言うことですから、それらの車の動きに気をつけて運転する必要があるのです。

ウェディング08