カーブの走り方

| 未分類 |

和室

 

上手なカーブの走り方はスロー・イン・ファースト・アウトです。

 

スロー・イン・ファースト・アウトとは文字通り、ゆっくり入ってすばやく抜ける走り方の事を言います。
まず、曲がりの入り口が見えてきたら、十分な減速をしますそこでコーナーに入ったらスピードを一定に保ったまま、
走行し出口が見えてきたらアクセルを踏んで加速しながら抜ける方法がスロー・イン・ファースト・アウトです。
なぜ、入り口の前で十分な減速をしなければならないかと言うと、スピードを出したままコーナーに入ると、
曲がりきれずに膨らんでしまい、外側に飛んでいってしまうのは想像がつくことだと思います。

 

これをアンダーステア傾向と呼びます。

 

外側に膨らんでいってしまうのも怖いのですが、もっと恐ろしいのが外側に膨らんでいくことで焦って、
コーナーの最中にブレーキを踏んでしまうことです。なぜ、コーナーの最中にブレーキを踏むことが危険なのかと言うと、
曲がっている最中は遠心力がかかっているため、車体は外側へ行こうとします、そこへブレーキをかけてしまうと、
遠心力が無くなり外側へ行こうとしていた力がなくなってしまいます、すると車はコントロールをし辛くなり今度は、
内側にささってしまうからです。

 

そのため、入り口手前で減速し出口が見えたところで加速をすると遠心力をうまくいかすことができ、
上手に曲がることができるのです。