見通しの悪いカーブでは

| 未分類 |

そういった様々な状況に合わせた運転を行うことで、交通事故などを未然に防ぐ可能性が非常に高くなります。

 
山道などを走っていると、カーブが連続する箇所が多いことがあります。こうした道では、緩やかなものから、急な角度のものまで様々で、中には見通しの悪い箇所も少なくありません。

 
また、こういった道では片側一車線の対面通行の場合が多く、走行するときはよりいっそうの注意が必要となります。
特に、見通しの悪い所では、反対車線から来る対向車の動きには特に気をつける必要があります。また、その後ろを走っている車がいたら、そこにも注意が必要です。

 
見通しが悪いことから、無理な追い越しなどをする車も多く、最悪の場合、正面衝突といった大事故を引き起こすこともあります。

 
こういった箇所では、まず速度を安全なものに保つことが重要です。決して無理にスピードを出さず、危険を感じたときは直ちに速度を落とすことが大切です。

 
こうした場所で、夜間など、視界が更に悪い時には、ヘッドライトのハイビームを利用して、対向車に自分の存在をアピールするのも効果的な方法です。

ウェディング02