移っていく車線を走行する車の速度に合わせる

| 未分類 |

ウェディング06大きな道路で車を運転していると、ときには車線を変更する必要が有る場合も出てきます。

 

例えば、自分の走っているところが流れが悪かったり、或いは右折や左折レーンに入るためなどです。

 

この様な場合には、移っていく先のレーンを走行している車の速度に合わせることを先ず第一に行わなければなりません。

 

そうしなければ、自分の車が早すぎる場合には、前の車に追突することにもなりかねませんし、遅すぎれば、後ろから来た車に追突されることにもなってしまいます。

 

何故かといいますと、車は大抵ある程度の車間距離をもって走行しているわけですが、隣のレーンに移ると言うことは、その空いた空間に車を入れることになるからです。

 

そうなると、隣のレーンを走行している車と速度をあわせておかなければ、前後の車のどちらかに当たることになってしまいます。

 

自分の走っているレーンが流れが悪いので、隣のレーンに移るようなときには特に注意しなければなりません。

 

隣のレーンの方が流れが良いということは、隣の方が速度が速いと言うことですから、それに合わせようとすると、ただでさえ流れが悪い中で速度を上げる必要が出てくるからです。

 

そのため、自分の走っているレーンが流れが悪いので隣のレーンに移る際には、余裕を持って移る必要があるのです。