自動車は、私達の生活においてとても便利なものであり、仕事や買い物といったことから、旅行やレジャーなど、様々な用途に活用されています。

 

しかし、便利な反面、安全に常に注意を払う必要があり、これを怠ることによって、交通事故が発生するなどの危険も伴うものとなっています。
運転を行うドライバーは、周囲の状況や、地形、また他の車両の動きなど、様々なことに気を付けなければなりません。

ウェディング01

特に、走行する地域や場所によって、道路状況は変化しますので、それらを把握することは安全運転に欠かすことのできない要素となります。

 
山道や、住宅街など、狭く、見通しの悪い箇所の多い所では特に注意が必要です。こういった場所にあるカーブは見通しの悪いものが多く、走行する際には、速度を十分に落として、対向車の動きを注意しながら進行する必要があります。また、こうした箇所を走行する他の車両も速度を落とすので、それを無理に追い越そうとする車両も出てきます。その際、対向車線にはみ出しながら走行することも多いため、接触や衝突の危険性が更に高まります。
こうした無謀な車両に出会っても、十分に対応ができるよう、速度を安全に保ち、余裕のある運転を心がけることが重要となります。